ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● アイシングの使用方法

以前アイシングの効果について書かせて頂いたのですが、

実際にどのようにアイシングを行うのかを本日は書かせて頂きます。

アイシングは「単に身体を冷やす」では逆効果になってしまい症状を悪化させてしまう恐れがあります。

正しい使い方をする事でアイシングの効果が得られるのです。

 

例として足首を捻った時、つまり捻挫をしてしまった時に行うアイシング方法を説明します。

まず、アイシングをすべきかどうかの判断をします。

発赤…皮膚の色が赤くなっているか

熱感…受傷部位に熱が発しているか

③圧痛…触れると痛みがあるか

腫脹…腫れはあるか 時間が経つにつれて腫れは増しているか

機能障害…動かしにくさがあるか

 

これらの症状がある際(つまり急性期)の応急処置としてアイシングを行います。

 

手順

①氷とビニール袋を用意します。家庭用の氷を使用する時は水を少し入れます。(凍傷予防)

②ビニール袋の中で氷を平らにし、ビニール内の空気を口で吸って抜きます。

③ビニールの口をしばれば完成です。

④患部に約15~20分間当てます。

⑤患部の感覚が無くなれば完了です。

※くれぐれも凍傷にならないように注意をして下さい。

 

尚、当院は急性期障害も診療致しております。

 

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.