ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● 背中を鍛える前にやるべき、効果アップストレッチ【ロウイング編】

前回、背中の代表的なトレーニングの一つである「ラットプルダウン」の効果アップストレッチを紹介させて頂きました。

今回も同じく背中のトレーニングの一つである「ロウイング」に焦点を当てていきたいと思います。

 

前回のコラムの内容から考えると、

「ロウイングもラットプルダウンと同じで肩甲骨の動きをよくすればいいのでは?」と考えられる方が多いのではないでしょうか。

その考えは、

正解です。

確かに、ロウイングの動きも肩甲骨を外側に向けて開いていくため、肩甲骨が滑らかに動かなければいけません。

ですが、ラットプルダウン用のストレッチを行ったとしても、ロウイングの動きは完全には良くなりません!

 

何故か?

 

それは、ラットプルダウンとロウイングでは、伸びなければいけない筋肉の場所がズレてしまっているからです。

 

ラットプルダウンで伸びている筋肉は、肩甲骨から背中・腰に掛けてのほぼ中央辺りの筋肉達です。

それに対し、ロウイングの際に伸びている筋肉は、脇の辺りから横っ腹(側腹部)にかけての側面の筋肉達になるのです。

なので、ロウイングの動きを良くし、効果を高める為には側面の筋肉を伸ばさなければいけません!

 

そこで今回は、側面の筋肉のストレッチ方法をご紹介させて頂きます。

 

➀片脚の立膝の姿勢で立ち、両手を真っ直ぐ天井に向けて伸ばします。

グラフィックス4

 

➁立てている脚の方向へ向かって上半身を倒していきます。

グラフィックス3 グラフィックス2

 

※倒していく際に、膝内側方向へ向かないように気を付けましょう

グラフィックス5グラフィックス1

 

 

このストレッチでは、身体の側面をじっくりと伸ばし、併せてお尻そ外側も伸ばす事ができます。

ですが、バランスが取りにくいため、姿勢が崩れやすいのでバランスが取りにくい場合は、

両脚の間を少し広げて頂くと安定して行うことができます。

 

また、身体の側面を伸ばす事で腰周りの筋肉も柔らかくすることができます。

普段、デスクワークが続いて腰周りに疲れを感じる方にもお勧めです。

 

是非、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.