ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● 腱鞘炎(ドケルバン病)

パソコンでの作業や筆記、料理などの日常の動作によって、手首や手指を酷使することで腱鞘に起こる痛みを総称して腱鞘炎と言います。

痛みの出る部分によって、ドケルバン病やばね指などと呼ばれます。

 

腱鞘とは、筋肉と骨を繋いでいる腱を複数束にして収めている組織で、筋肉の使い過ぎなどによる刺激により浮腫や肥厚などの変性が起こり痛みを生じます。

一般的な腱鞘炎は、手首の親指側にある腱鞘とそこを通過する腱に炎症が起こる状態で、腱のスムーズな動きが得られないことで腫脹や痛みが生じます。

 

20181016_114420

(ドケルバン病)

 

ドケルバン病の診断は、疼痛及び圧痛部位と、フィンケルシュタインテスト(親指を握り込み、手首を小指側に曲げると痛みが増強される)の陽性所見で判断します。

 

20181016_114432

(フィンケルシュタインテスト)

 

治療方法は、まずは保存療法を行い、痛みが改善しなかったり、再発を繰り返すような場合は、腱鞘を開く手術を行う場合もあります。

 

VADY鍼灸整骨院では、急性期の痛みが強い時期には、炎症が起こっている部分に対して、超音波やラジオスティムの微弱電流を利用して組織を活性化して炎症を鎮め、マッサージや温熱治療により、原因となる筋肉の緊張を取り除きます。

そして、患部の安静の為にテーピングを行います。

その後痛みの状況を判断しながら、手首への負担を減らす為、肩、肘、手首の運動療法により、手首の機能改善と再発予防を行っていきます。

 

腱鞘炎は、手首をよく使うデスクワークの方や、主婦の方のはじめとして、産後の女性もよく発症します。

日常生活が不便になることで、ストレスに感じる傷病ですので、お悩みの方は是非一度ご相談ください。

TEL:06-62226-8966

 

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.