ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● その肘の痛みはテニス肘?

テニス肘とは、正式には上腕骨外側上顆炎といい、テニスによって肘周辺に引き起こされる疼痛性運動障害です。

発生機転となるスポーツや運動はテニスだけに限らず、その他のラケットスポーツ(バトミントンや卓球など)やゴルフなどでも起こりますし、雑巾絞りやフライパンによる調理、重い荷物の運搬などでも起こります。

 

症状は、手首を反る動きやドアノブなどを捻る動きで肘の外側に痛みが出現します。

 

 

 

20180814_131529

 

 

痛みの原因は、手関節を動かす筋肉(撓側手根伸筋)の酷使による起始部の微小断裂と言われていますが、加齢による筋腱の変性でも痛みを生じる為、特に使いすぎた覚えがなくても、痛みが出現することもあります。

 

テニス肘の評価は、痛みの場所や痛みのきっかけ、スポーツ習慣、運動歴、日常生活動作などの問診に加え、以下の3つの理学検査によって痛みが誘発されるかどうかで判断します。

 

20180814_131717

チェアテスト・・・椅子などの重みのある物を片手で上から持ち上げると痛みが出れば陽性

 

 

20180814_131737

トンプソンテスト・・・握った手の甲を上から押し、抵抗する際に痛みが出れば陽性

 

 

20180814_132543

中指伸展テスト・・・中指を上から押して、抵抗する際に痛みが出れば陽性

 

痛みが強く、熱感などの炎症症状が強く表れている場合には、アイシングを行い

超音波やラジオスティムなどの治療器、鍼灸を使い、組織の活性化と鎮痛を図ります。

並行して筋肉の緊張を取り除く為のマッサージや電気治療を行います。

痛みが落ち着くまでは、痛みの発症機転となったスポーツや生活動作などは極力控えて頂きます。

また、日常生活での筋肉の使用による患部の負担を軽減する為、テーピングなどで筋肉のサポートを行います。

痛みが軽減したら、更なる症状の改善と再発を予防の為、筋肉のバランスを整える運動療法(リハビリ)を行い筋バランスを整えます。

手関節は、日常的によく使う関節ではありますが、生活習慣や運動様式によって筋肉の使用バランスが崩れやすい関節でもあります。

その為、手関節の運動を司る筋肉の付着部である肘関節は、非常にダメージを受けやすいです。

筋肉のバランスを整えて、どこか特定の筋肉に負担が偏ってしまうことを防ぐことは、再発や新たな痛みの予防になります。

 

スポーツ動作や、普段荷物を持ち上げたりドアノブを捻ったりする動作などで肘に痛みが出てお悩みの方は、是非1度ご相談ください。

TEL:06-6226-8966

 

 

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.