ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● お客様の声(PMS及び月経困難症①)

今回は、当院でPMS(月経前症候群)及び月経痛などの月経困難症の改善の為に治療をされているお客様をご紹介致します。

 

このお客様は、月経の10日程前になると、むくみ、腹痛、イライラ、だるさ、過食などの症状が出始め、
月経は始まると、これらの症状が増悪し過去に3回激痛の為病院に救急搬送された経験もあるとのことでした。
また、1年程前に減量をされ体脂肪を一気に落とされたことで、ホルモンバランスが崩れ、1ヵ月出血が止まらなかったり、
1ヵ月に3回出血があったり、いわゆる不正出血が起こり、病院でホルモン治療を受けられたとのことで、
月経に対してかなり既往歴がある方です。

 

日常生活では、お仕事で忙しい時期以外は最低でも週に1度はトレーニングをされており、
内容もウェイトトレーニングと有酸素運動をバランスよくされています。
喫煙はされず、飲酒は時々付き合い程度に少量飲まれます。
食事については、基本的にたくさん食べるとのことですが、運動とのバランスをうまく取られている印象です。

 

カウンセリングの後に東洋医学的検査として、お腹の状態を診る腹診、舌の状態を診る舌診、脈の状態を診る脈診を行い、
潜在的な心身の状態を確認します。
その結果、身体には目立った所見はありませんでしたが、イライラしやすく気持ちの浮き沈みが激しくなる傾向があると
判断しました。

 

前述のような症状や東洋医学的検査の結果から、自律神経の乱れや脳内快楽ホルモンのセロトニンが低下しやすい可能性が
あることが推測されて為、鍼灸とラジオスティムによる温熱療法を進めることにしました。
運動療法については、日頃よりトレーニングをされる習慣がある方でしたので、
治療としては実施せずいつも通りの運動を続けて頂いています。

 

治療は、週1回60分(鍼灸30分+ラジオスティム30分)の治療を受けて頂いています。
毎回治療の始めに東洋医学的検査と問診によって心身の状態を確認し、その日の施術部位を決定します。

20170913_150659   20170913_152205

現在、治療を開始して1ヵ月が経過し、先日治療開始後初めての月経期を迎えられました。
むくみや腹痛、だるさなどの症状はあるものの、程度はいつもより軽いとのことです。
月経期間中の治療は、症状に対しての対症療法的な内容を含みます。
腹痛に関しては、鍼灸によるアプローチでその日のうちに随分良くなったとのことです。

 

1ヵ月治療を続けられる中で、以下のお声を頂いております。

『治療を開始してから、よく眠れるようになりました。
体内時計が正常に戻ってきた感じがします。
その日の体調に合わせた施術をしてくださるので安心です。
治療後は、リラックスできて心身ともにバランスが整っているように感じます。』

 

PMSや月経困難症(月経痛・月経不順・無月経・不正出血)などでお悩みの方は、
お気軽にご相談ください。

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.