ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● 開脚姿勢の為のエクササイズ

身体の柔軟性を表すのに使われる姿勢と言えば、立位体前屈か開脚前屈が一般的ではないでしょうか。

特に長座開脚は、その姿勢が出来るようになるためのストレッチ法などが紹介された本なども発売され一時期ブームとなりました。

 

開脚前屈が出来ないことにはたくさんの要因があり

股関節内転筋群(太ももの内側の筋肉)やハムストリングス(太ももの裏の筋肉)の硬さ

股関節内外旋筋群(股関節外旋六筋、中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋etc.)の機能低下

腹直筋の短縮、腰背部の可動性低下などが挙げられます。

 

今回は、股関節内外旋筋群の機能低下に対するエクササイズをご紹介致します。

 

 

① 股関節モビリティエクササイズ

テーブルなどにつかまり片脚立ちになり股関節を曲げて少し身体を前傾させます。

立っている方の脚の膝の位置が変わらないように注意しながら身体を開きます。

  

 

➁ クラムシェルエクササイズ

横向きに寝て、膝と股関節を少し曲げ、足部は付けたままで上の脚の膝を開きます。

動作中、骨盤が動かないように注意しましょう。

   

 

③ ヒップアブダクションエクササイズ

横向きに寝て、膝と股関節をまっすぐ伸ばし、脚を真上から少し後ろへ引いた方向へと挙げます。

動作中、骨盤と上半身が動かないように注意しましょう。

 

➁と③は、写真のようにゴムチューブを使用するとより効果的です。

是非試してみて下さいね!

 

<Before>                   <After>

    

 

 

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.