ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● 筋・筋膜性腰痛

腰痛といっても様々な種類があり、症状も異なります。

筋・筋膜性腰痛とは筋肉に沿って痛みが発症し、

下肢のしびれ、知覚障害、神経症状、レントゲンを見ても骨の変化はありません。

 

・腰を反らすと痛い(伸展型)

・前屈の様に曲げると痛い(屈曲型)

・腰を捻ると痛い(回旋型)

この3つに分ける事が出来ます。(伸展型+回旋型など重なる場合もあります。)

 

スポーツ選手のような身体をよく動かす方に発症しやすいのですが、

一般の方にも起こります。

原因は筋肉の過使用や姿勢不良によって起こる筋肉の疲労です。

筋肉の疲労を解消するにはストレッチが効果的とされています。

 

そこで、今回は屈曲型腰痛の原因となるハムストリングス(太もも後面)のストレッチを紹介します。

ハムストリングスが硬いと骨盤が後傾し、前屈すると腰部の筋肉が引き伸ばされるような痛みがおこります。

グラフィックス1

ストレッチのポイントは骨盤を立てて行う事です。

平面の床で同じようなストレッチをしても骨盤はなかなか立ちません。

椅子を使って傾斜をつけることにより、骨盤が立ってハムストリングス全体を伸ばす事が出来るのです。

前屈をした時に腰に痛みが出る方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.