ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● 皮膚ケアで動き改善!

腕が大きく動かせない。前かがみになると太ももの後ろが突っ張る。

といった「関節・筋肉が固いのでは??」と悩まれ、ストレッチをしてみたけれども

「思ったより良くならない。」と改善が見られなかった事はございませんか。

実は、身体の柔軟性には関節や筋肉以外のとても大事なものがあります。

それは「皮膚」です。

私たちが持つ皮膚は、表面にある表皮深くにある真皮の2つに区分され、皮下組織の上に重なっています。

よくテレビなど美容に関して聞く角質は表皮にあり、体毛の毛根部分が真皮になります。

この2つにはそれぞれ役目があり、

表皮は外的刺激(風や細菌、空気中に漂うものなど)からの侵入を防ぐ役割を持ち、

真皮は表皮や深部にある皮下組織を栄養したり、内方刺激(外方からの圧迫など身体の内部へ向けた刺激)に対するクッションの役割を持っています。

今回の様に、運動中や私生活で起こるような「硬さ」に対しては真皮が特に関係が深く、

真皮を構成する組織がポイントになります。

 

真皮を構成する組織の大部分は「コラーゲン線維」と呼ばれる組織でできており、

水分を多く含み、本来であればしなやかに伸びるような組織です。

しかし、冷えや水分過多、疲労物質の蓄積などによって組織が伸びきってしまうと、

しなやかさを失い硬いゴムのような固さのある組織に変わってしまいます。

そうなることで、「突っ張った、引っ張られるような固さ」が起こってしまうのです。

 

そこで、皮膚にケアを施し、固まってしまった組織を軟らかくすることで柔軟性を高めることが出来ます。

ホットパックや、入浴などで温める事でも皮膚は軟らかさを取り戻すのですが、時間が経つと短時間で固くなってしまいます。

より持続的に皮膚の柔軟性を出すため、当院ではギャビラン治療をお勧めさせて頂いております。

運動中に固さを感じる方は、運動前に。

私生活で固さを感じる方は、一日の始めに。

それぞれ受けられると、その後の動かし易さが大きく改善します。

ご興味ありましたら是非お気軽にご相談下さい。

 

以前のコラムにてギャビラン治療に関して簡単にご紹介させて頂いております。

下記リンクよりどうぞご閲覧下さい。

「テクニカ・ギャビラン」

ギャビラン

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.