ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● 更年期障害の予防と対策

更年期障害とは、性ホルモンの低下によって引き起こされるホルモンバランスの乱れが様々な心身の不調を及ぼすものです。

 

女性の場合は、閉経時(50歳前後)に卵巣機能の低下によるエストロゲンという女性ホルモンの欠乏により、以下の症状を呈します。

〇 自律神経失調症様の症状(頻脈・動悸・血圧の乱高下・微熱・ほてり・のぼせ・多汗・めまい・耳鳴り・不眠・疲労感など)

〇 精神症状(イライラ・不安・ヒステリー・情緒不安定・抑うつ感)

男性の場合は、40歳以降に加齢やストレスによりテストステロンという男性ホルモンの低下により、以下の症状を呈します。

〇 性機能関連症状(性欲の低下・勃起障害:EDなど)

〇 精神・心理症状(抑うつ感・落胆・不安・疲労感・記憶力や集中力の低下

〇 身体症状(発汗・ほてり・睡眠障害・関節や筋肉関連の症状)

 

治療法としては、ホルモン補充療法(HRT)が一般的です。

この治療法は、文字通り不足しているホルモンを飲み薬や貼り薬、塗り薬などで補う治療法です。

ホルモン補充療法は、保険が適用されるので、比較的負担も少なく治療を受けることが可能ですが

出来ることなら、病院にも通いたくない、薬にも頼りたくないと思う方も少なくないと思います。

 

加齢による生殖器機能の低下は、ある程度仕方のないことではありますが、低下していく速度を緩やかにしていくことで

更年期障害の症状も軽度にすることは可能だと思います。

そのためには、血液循環を良くして、代謝を上げ、体内環境を整えることが必要です。

生殖器のみならず体内の全ての内臓器官に栄養を運び、また老廃物を排泄することでその働きを促進するのは血液の大きな役割であり、

その血液循環をスムーズにすることは、各内臓器官の働きにとってはとても大切です。

そして、その血液循環をよくするために重要なのが、心臓から血液を送り出す心肺機能と血液を循環させる筋肉のポンプ作用です。

 

日頃から、有酸素運動をはじめとした運動習慣がある方は、閉経を迎えても、更年期障害と疑われるような症状は比較的軽度です。

それはやはり、運動習慣がある方において、ある程度の心肺機能の向上と筋肉量及び筋力が維持されていることで、

体内環境が整い、ホルモンバランスの乱れも比較的穏やかなのではないかと考えられます。

 

しかし、40代、50代を迎え、運動することがいいとはわかっているけれど、

なかなか始めるきっかけがなかったり、何から始めたらいいのかわからないという方もいらっしゃると思います。

そのようなお悩みをお持ちの方は、是非一度当院にご相談ください。

柔道整復師、鍼灸師、アスレティックトレーナーなどの資格と専門的知識を有したスタッフが、

皆様のお身体の状態をきちんと把握し、無理のないようコントロールしながら、より効果的な運動プログラムをご提案致します。

 

お電話でのお問い合わせ・ご予約は06-6543-2800

ネットでのご予約はコチラ

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.