ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● 就寝中の扇風機は要注意

7月も下旬に入り、夏が本番になってきました。

今年は台風の影響もあり、蒸し暑い日が続いております。扇風機やエアコンなどを早くから使われた方もおられるかと思います。

扇風機の風を身体に当てながら、つい寝てしまう事もあるかと思います。

そこで今回は、寝ているときの扇風機の使い方について書かせていただきます。

 

私たちは普段、大量の熱を身体の中で作り出しています。

そのため体温は上がり続けます。ですが、熱が作り出され続けているにも関わらず体温は一定に保たれています。

それは、身体に熱を逃がす能力が備わっているからです。

「汗をかく」というのもその能力の一つです。

特に、その能力のの中で常に行われているものが、

「血液を冷やす」能力です。

 

この能力は、運動後などで体温が上がっている際に最も感じられるのですが、

手足や顔がとても暖かくなり火照った経験はないでしょうか。

体温が上がるということは、当然血液も熱くなっています。

そうなると身体は血液の温度をなんとかして下げようと、

外気に最も近い皮膚表面の血管を使い血液を冷やそうとします。

なので、内臓があり外気に当たりづらい腹部には血液があまり回らず、冷たくなっています。

 

また、血液を冷やす能力は脳によって制御されているので、日中は体温が一定に保てていられる。という事なのです。

 

この能力は寝ている間も日中とほぼ同じように働いており、体温を下げています。

ですが寝ている際は脳が休んでいる状態なので、日中のような体温には保てなくなっています。

つまり、就寝中は体温が下がり冷えている状態なのです。

 

よく「寝ているときに扇風機の風を直接当てたらダメ」と聞きますが、

身体が勝手に冷やしてくれているのに扇風機で冷やすということは、

風邪をひいてしまったり、お腹を下してしまう事になります。

 

そこで、扇風機を上手く使う為のポイントが3つあります。

①首ふりモードで部屋全体の空気を循環させる

②窓際に置き、外の空気を部屋に入れる

③タイマーを使う

以上の3つです。

まず、心地よく眠れるための条件として、室温が25~27°、湿度が50~60%が良いとされています。

感覚としては少しひんやりしているような感じです。

この条件にする為に重要になるのが「循環」です。

それは室内だけではなく、室外の空気とも行うことが大切で、

外気との循環を行うことで湿度の調整も行えるからです。

 

しかし、扇風機を朝までつけておくわけにもいきません。

そこで、体温が一番下がっている時を目安に電源を切れればその後は特に問題はありません。

一般的に体温が一番低くなるのは3~4時間程経ってからです。

なので、そのあたりを目安にタイマーをセットしておくと電気代の節約にもなります。

 

以上をまとめますと、

「扇風機は窓際に置き、首ふりモードで3時間運転」

ということになります。

 

ジメジメした夏。ぜひ扇風機を上手く活用して快適な夏をお過ごしください。

 

また、当院ではエアコンの冷えで悪化してしまう、「冷え性」の治療も行っております。

お気軽にご相談下さい。

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.