ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● 姿勢タイプチェック ~首反りタイプ~

5月29日のコラムにて、姿勢にはいくつかの種類があると書かせていただきました。

今回は、その中の「首反りタイプ」についてご説明させていただきます。

スライド1

 

「首反りタイプ」に当てはまる方には、

○よく猫背と言われる

○腰が丸くなりやすい

○真下を見ると首が痛い

といった3つの要素があります。

これらが起こる原因は、首周りの筋肉の硬さや眼の疲れである可能性が大きいので、

長時間のデスクワークでパソコンをよく使われる方や、なで肩の女性に多く見受けられます。

特に「真下を見ると首が痛い」が当てはまる方は首の後ろから背中にかけて硬くなっている可能性があります。

首後ろの筋

そこで、筋肉の硬さをとるために、まずマッサージという手段が思い付きますが、

この首反りタイプは、ただ揉むだけでは治りません。

 

なぜなら、

 

「筋肉が硬くなりすぎている」

 

からです。

 

そこで+αすることは、温めることです。

温めることにより、血行が良くなり、硬くなった首の筋肉も柔らかくなります。

それによって揉む効果が倍増され、あまり力を入れることなく奥まで揉むことが可能になります。

首を温める際は、火傷に注意し40~42℃ほどの温度で行うことが好ましいです。

また、濡れタオルを用いて温めても効果的でお手軽です。

CAM00886

その後、マッサージでは首の後ろに指を当て、少し圧をかけて上下に動かします。

CAM00892

また、当院でお勧めしているのはテニスボールを2個繋げたツールです。

こちらは、寝られた際に首の後ろに挟むだけで効果があり、指が疲れることがありません。

 

CAM00889CAM00890

当院では、各タイプに合わせた治療を行っておりますので、

お気軽にご相談下さい。

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.