ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● 姿勢タイプチェック ~反り腰タイプ~

5月29日のコラムにて、姿勢にはいくつかの種類があると書かせていただきました。

以前の記事はこちら↓↓↓

 

姿勢のタイプ判別

 

首反りタイプ

 

上猫背タイプ

 

今回は、その中の「反り腰タイプ」についてご説明させていただきます。

スライド1

 

「反り腰タイプ」に当てはまる方には、

〇猫背が気になり、胸を張ろうとする

〇真っ直ぐキレイな座り方を意識する

といった、「姿勢をよく気にされている方」に多く見受けられます。

また、仰向けで寝た場合に腰と床との間に手が簡単に入るくらいの隙間ができてしまう事もあります。

グラフィックス1

 

反り腰タイプの治療には、体幹部分や股関節周りのトレーニングが有効ですが、

それよりも優先されることが普段の姿勢の改善です。

特に就寝中など、リラックスしているときの姿勢が悪くなってしまうため、

腰周りの筋肉を休ませることが出来なくなり、常に腰が張っていたり痛くなってしまいます。

 

そこで今回は、腰周りの筋肉をリラックスさせる姿勢の作り方とストレッチをご紹介させていただきます。

まず、姿勢の作り方ですが、

①枕もしくは大きめのタオルを用意します。

②そちらを膝の下に入れ、股関節から膝のお皿までが約10~20°ほど曲がるようにします。

グラフィックス2

腰が反ってしまう原因には、骨盤の向きが前に傾きすぎている事が多いので、

枕やタオルを用いて膝と股関節を軽く曲げることにより、前に傾き過ぎた骨盤を元に戻すことが出来ます。

IMG_0088腰とベッドとの隙間がなくなりました。

曲げる角度を強くしてしまうと逆に腰に負担が掛かる場合がありますので、曲げすぎにはお気を付けください。

 

次に、ストレッチですが

「腕で膝を抱える」だけです。

IMG_0089

この姿勢を作るだけで、骨盤の後ろに付いている背中の筋肉を伸ばすことが出来ます。

また、ここから首を曲げて丸くなる動きをすると、背中の筋肉が骨盤~腰~背中~首というように

満遍なく伸ばすことも可能です。

IMG_0089→→→→IMG_0090

もし、仰向けで行うことが難しい方は横向きでも効果はありますので、

無理せず自分に合ったやり方で行ってください。

IMG_0092→→→→IMG_0091

 

当院では、各タイプに合わせた治療を行っておりますので、

お気軽にご相談下さい。

ご予約はこちら

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.