ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● リンパの流れを良くするオイルトリートメント

リンパとは、全身を網の目の様に分布する『リンパ管』と、その管を通る『リンパ液』

さらにそのリンパ液の中継地点である『リンパ節』の総称です。

リンパ液は、血液から赤血球を抜いたものです。

 

リンパ

 

リンパには、大きくわけて2つの役割があります。『排泄機能』『免疫機能』です。

体内で不要になった老廃物や疲労物質を取り込んで排泄します。

老廃物や疲労物質を運ぶのは主に静脈の役割ですが、そこに入りきらなかった分はリンパ管に乗って運ばれます。

またリンパ節では、体内に入り込んだ細菌をろ過するフィルターのような働きをし、

さらにリンパ液の中にあるリンパ球は、一度体内に入り込んだ最近やウィルスの性質を記憶し

再度入り込んだ際の生体防御抗体を産出します。

 

従って、リンパの流れが滞ることで、

・ むくみやすい

・ 太りやすく、痩せにくい

・ セルライトが出来る(※セルライトとは、長い時間をかけて脂肪と老廃物が結合したもの)

・ 疲れがとれない

・ 身体がだるい

・ 体調を崩しやすい

などの症状が現れます。

 

リンパの流れは、動脈が心臓からの強力なポンプ作用によって血液を身体中に巡らせ、全身に栄養や酸素を送るのに対し

リンパ管には心臓のポンプ作用は働かない為、リンパ管内の弁や呼吸などによって流れを作りますが

そのスピードは非常にゆっくりで、身体を一周して心臓へ帰るまでに12~24時間かかると言われています。

血液は、全身を一周するのに要する時間が40秒ほどと言われていますので、リンパはかなりゆっくりであることがわかると思います。

リンパが流れる時、リンパ管の周囲にある筋肉が収縮することによって、ポンプの役割を果たし、リンパは流れやすくなりますが

運動不足や筋肉の過緊張などで筋肉が適切に収縮しないと、リンパの流れが悪くなります。

 

リンパ管は、皮膚表面に近い場所に分布する浅リンパ管と、筋肉や内臓の近くに分布する深リンパ管にわかれます。

浅リンパ管が滞ると、むくみ、しわ、しみ、たるみ、 いぼなどの原因となり

深リンパ管が滞ると、筋肉疲労によるコリ、しびれ、冷え、身体のだるさ、不眠、便秘などの原因となります。

 

当院では、マッサージクリームを使ったオイルトリートメントでリンパの流れを促し、

筋肉の緊張を和らげたり、むくみやセルライトの除去を図ります。

高周波温熱治療器ラジオスティムと併せて実施すると、より高い効果が得られます。

 

全身疲労がなかなか取れない方や、むくみや冷え、筋筋膜性の腰痛や肩凝りにお悩みの方は

是非、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.