ご予約・お問い合わせ
06-6226-8966
営業時間:平日9時~23時
土曜日10時~20時/日祝10時~18時

コラム

VADY鍼灸整骨院の新着情報です。

● ストレッチは使い分けが大事

運動をするうえで、まず始めに行う事が「準備運動」です。

準備運動のやり方は人それぞれですが、大まかな部分はほぼ同じで、

体操やストレッチなどの、筋肉や内臓に対して軽度の刺激を与えることから始まります。

運動習慣を持たれる方が増えてきている近年、

運動のやり方以外で、体操やストレッチなどの準備運動にも様々な方法が注目されています。

その中でストレッチは特に注目されているかもしれません。

 

最近では、ストレッチ専門店なども増え、ストレッチを通した運動習慣をお持ちの方も増えてきております。

ですが、ストレッチには数種類の方法があり、目的によって使い分けることで運動の効果を高めたり、かえってケガのリスクを高めてしまう。ということは意外と知られていません。

 

今回は、簡単にストレッチの種類と、用途に関してご紹介させて頂こうと思います。

〇スタティックストレッチ

・反動を付けず、ゆっくりと伸ばしていき、伸びた状態をキープする方法。別名「静的ストレッチ」

行うタイミング:筋肉を緩めることを目的としているため、運動後のクーリングダウンなどで用いると良い。

 

〇ダイナミックストレッチ

・身体の動きを使い、リズムを刻んだりスピードをコントロールして行う方法

行うタイミング:筋肉に適度な刺激を与えるため、運動前に行うと良い。

 

〇バリスティックストレッチ

・身体の反動を使い、大きく動かして行う方法

行うタイミング:ある程度身体が温まった状態で行うと良い。運動開始時の冷えた状態で行うとケガのリスクが高くなってしまいます。

 

〇PNFストレッチ

・ストレッチに抵抗や誘導法を用いることで、関節の動ける範囲(可動域)を大きくする方法

行うタイミング:可動域を広げるため、運動前、後どちらでも良いですが、運動前に行う方がお勧めです。

 

〇クライオストレッチ

・アイシングによる冷却状態で筋肉の感覚が鈍くなったことを利用し行う方法

行うタイミング:主にリハビリテーションなどで用いられ、運動後のアイシング後が望まれます。

 

 

一般的にストレッチ。と聞くと「筋肉を伸ばせばよい」というイメージのみが出てきてしまうのですが、

ストレッチ一つでもこれだけの方法があり、様々な効果、メリット・デメリットが存在します。

これから暑くなり、運動をされる場面が増えてきます。

ケガをせず、翌日に疲れを持ち越さない為にもストレッチの使い分けをぜひ意識して行って頂ければ幸いです。

最新のコラム

SITEMAPSITEMAP

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-10-11
Dplus心斎橋ビル4階
TEL : 06-6226-8966
TAX : 06-6226-8977
営業時間 : 平日 9:00~23:00
     土曜 10:00~20:00
     日祝 10:00~18:00
e-mail : info@vady-ab-office.jp
VADY
2014 VADY inc., all rights reserved.